たたみべや

娘と夫と3人暮らし。

【7日目】モノを手放す30日チャレンジ ~キッチンカウンター~

こんにちは。

娘を寝かしつけた後の、薄暗~い空間で、がさごそとチャレンジを続けています。

今日はキッチンカウンター周りを見てみました。

 

我が家には小さいキッチンカウンターがあり、その下(ダイニング側)にぴったりサイズの棚を置いて使っています。

 

カウンターの上にあるのは、お盆1枚・ブリタのポット・お菓子入れのボウル。棚は3段あって、1段目にティファールのポット・カトラリー入れ、2段目に炊飯器と4マスの引出(コーヒー、紅茶やマグカップを入れてます)、3段目にプリンターを置いています。文字だけでイメージわきますでしょうか。

 

捨てるきっかけの来ないもの

 

こちらが今日の不用品です。

 

f:id:tatamitta:20170823134135j:plain

 

お菓子入れのボウルから出てきたのは、溶ける→固まるを数回繰り返したであろうチョコレート(個包装)。以前、色んな味のアソートパックを買ったのですが、夫婦ともに苦いチョコを食べないので、ダークばかり余ってしまいました。今度から、好きな味だけが入っているものを買ったほうがいいですね(これ買ってきたの夫ですけどね!!!)

 

引出からは、コンビニでもらう割り箸やスプーンが大量に。「要りますか?」ときいてもらえれば「要りません」と答えられるんですが、頑張って小銭探してたり、温めを待っている間に気を利かせてセットしてくれちゃう店員さんだと、貰って帰ってきてしまいます・・・娘のおもちゃの工作に使おうかな、と思ってとってありましたが、いったん全て処分することに。そして、夫が貰ったらしき謎のサービス券も。念のため夫に聞いたら、「いらない」と即答されました。

 

缶に入っているのは、新婚旅行のときにお土産で買ってきたバニラティーです。美味しいことは美味しいのですが、紅茶を茶葉で淹れるという文化が我が家になく・・・友人にはティーバッグをお土産にしたので、自分たち用もそうすればよかったー!と帰国してから思ったものです。開封から数年、バニラの香りも飛んでいたので処分します。思い出だけ胸にしまっておこう・・・

 

手放し作業をしていると、否応なく自分と向き合うことになりますね。部屋が散らかっていると、「片付けできない自分」ばかりが悪いと思ってしまいがちですが、それ以前に、見なかったことにしておきたい自分のあり方や習慣(欠点というほど大げさでなくて、お得感につられる自分とか、エコに関心ない自分とか、旅行先で舞い上がっている自分とか)を見せつけられるほうが断然苦々しいものです。そんな自分を直視できないという無意識の思いが、片づけに着手することを妨げてるのかもしれませんね。

 

★今日の手放し

 

食べないお菓子一式、割り箸一式、紅茶・・・3

 

モノを手放す30日チャレンジ 初日の記事はこちらから。

 

tatamitta.hatenablog.com