たたみべや

娘と夫と3人暮らし。

テンプレートが可愛い!cocoal(ココアル)のフォトブックをご紹介

こんにちは tatamittaです。

 

フォトブックの記事はいつもより多くの方に見ていただいたようでありがとうございます。

今日は、cocoal(ココアル)のフォトブックをご紹介します。

f:id:tatamitta:20161116225841j:plain

 

ホームページはこちら。

cocoal.jp

 

私がcocoalのフォトブックを使うのは、旅行に行って一眼レフで撮った写真が沢山あったり、プロのカメラマンに撮ってもらったり(結婚パーティーとか)したときです。やっぱり素敵な写真は大きく残しておきたいのです。

 

基本の内容はこんな感じ

・サイズはスクエア(21×見開き48)とワイド(21×見開き56)

・ページ数は20・24・28・32

・値段はスクエア20ページで2,838円、ワイド20ページで3,600円

・写真の自動セレクトができるWindows用アプリか、Macでも使えるWEB上のシステムで操作

 

おすすめポイント① デザイン性と手軽さが嬉しいテンプレートが豊富

f:id:tatamitta:20161116225829j:plain

 

上の写真は、デザインテーマ「レース」を選んでいます。他にも「シンプル」「プレーン」などオーソドックスなものから、切手や葉書をモチーフにした「トラベル」、ポップな和柄の「七五三」など12種類のデザインテーマがあります(さらに色違いが何種類も)。どのテーマを選ぼうか〜ページごとのテンプレートはどれにしようか〜とあれこれ試しているとあっという間に時が経つので要注意!この悩む時間が楽しいんですけどね。

 

それから、写真の向きやサイズは決まっているので、この場所には横長の写真を入れたいのに、枠は縦長だわ〜ってことがよく起こります(私はパソコンがMacなので、WEB上で操作してます)。あまりにこだわりが強いとページごとのテンプレートと手持ちの写真を突き合わせて・・・と迷宮入りしかねませんのでご注意ください。ある程度は妥協できる人(手軽さを重視する人)におすすめです。

 

おすすめポイント② 表紙がハードカバーで格好良い!

f:id:tatamitta:20161116225905j:plain

 

表紙がしっかりしていて、立てておけるほどです。やっぱり表紙の存在感で、作品の良し悪しの印象は変わってくると思いますよ。

 

表紙は表と裏に写真を入れることもできるし、上の写真みたいに見開きで入れることもできます(選んだデザインテーマによるのかな? 中には裏表紙に9枚くらい入れられるテンプレートもあったような・・・)。見開きだとかなり大きいので、風景の写真など迫力満点です!

 

おすすめポイント③ たまに半額セールをやっている!?

たびたび各種のキャンペーンをしているようなので要チェックです。ちなみに今日(2016.11.16)だと「2冊以上注文すると最大40%のまとめ割」というキャンペーンの期間中のようです。

 

私が1冊目を作ったのは、たまたま半額セールをやっている時でした。その後もリピートして、今までに4冊作っています。

f:id:tatamitta:20161116225919j:plain

 

デザインテーマをいろいろ試してみたくて、増えて行っちゃうんですよね。笑

 

以上、cocoal(ココアル)フォトブックのご紹介でした!