読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たたみべや

娘と夫と3人暮らし。毎日愉快に暮らしているtatamittaの、子育て、整理収納、健康、工作などなどの話を書いています。

子供服は写真で管理すると枚数や色柄がわかりやすくて買い足しも便利。

こんにちは tatamittaです。

 

先週の東京は冬のように寒かったですね。秋になってから薄手のパーカーをお散歩用に保育園に置いていたのですが、とうとう先生から「これは寒いと思うのでもう少し暖かい上着を〜」とご指摘が。通園時に着せていたモコモコブルゾンをお散歩用に昇格(?)させ、通園時はフリース素材のマントを着せることにしました。

 

今日は夏用のお出かけ着を抜き取りつつ、引き出し整理をしました。来年はもうサイズ的に着られないんだろうな〜と思うとちょっと切ない。

 

f:id:tatamitta:20161112235902j:plain

 

秋冬用の長袖Tシャツやトレーナーは夏の終わりに買ってあって、万全の体制でこの季節を迎えたつもりです。洗濯のタイミングによっては、ちょっと危ないときがあるかもしれないけど。

 

ところで、私は子供の服を写真にとって、アルバムにまとめています(アプリはGoogleフォトを使用)。

 

アイテム名とサイズでアルバムを分類。こんな感じです。

 

f:id:tatamitta:20161112234302p:plain

 

保育園に入って服の枚数がすごく増えました。さらに、季節を経るごとにどんどん買い足しが必要になりますが、私がすぐ柄物を買ってしまうので、上下柄・柄でさすがに似合わないだろう〜っていう組み合わせが頻発。

 

この状況の改善のために、すべての服を写真にとることにしたら、一覧性があがってとても便利に!

 

新たな服を買いに行ったときにも手もちの服を確認して一呼吸おけるので、個性的すぎるデザインを衝動買いすることが減りました。笑 

 

それと、どんな服を持っているかよく知らない夫に相談するときも便利。うちの夫は、服の買い物に関してはアドバイスが冷静で的確なので、あれとこれと選べない〜ってなったときに、「このズボンならこれとこれに合うね」みたいに言ってくれて助かります(ただし、私とは趣味があわないうえに高級志向(=見栄っ張り)なので常にアドバイスに従っているわけではないです。笑)

 

娘が自分で服を選べるお年頃になっても、きっと便利だと思う!

 

最初に写真を撮るのがちょっと面倒なのがデメリットですね。撮影自体というより、撮ったあとの服をもう一度たたんでしまうというのが面倒くさい。実践してみたい方は、買ってきたときにその都度撮るのがオススメですよ〜